スキップする
全てのプレスリリース

27回目の『インテリア ライフスタイル』盛況のうちに閉幕! インテリア ライフスタイル アワードの受賞者が6月14日に発表

2017/06/19

2017年6月14日(水)-16日(金) 東京ビッグサイト 西1・3・4ホール+アトリウム

『インテリア ライフスタイル』(主催:メサゴ・メッセフランクフルト株式会社)が6月16日(金)に、大盛況の内に閉幕しました。第27回を迎えた今回、27,421名が来場。22カ国・地域から787社(国内:645社 海外:142社)がデザイン性に優れた製品を発表し、会場は最新プロダクトやトレンドを探す来場者で活気に溢れました。近年インテリア ライフスタイルでは、いわゆる家具や雑貨などのインテリア製品に限らず、服飾、アクセサリーからフード、メモリアル製品と製品分野が顕著に多様化し、様々なライフスタイルのニーズに応える見本市として変化を続けてきました。今回もさらに商品が充実し、出展者と来場者の双方から「新たな出会いが多く、ビジネスで新展開を期待できそう」「トレンドの変遷が分かるので、絶対に外せないイベント」などの声が聞かれました。出展製品だけでなく、トークショーや実演などのイベント企画も展開され、特にトークショーイベント「LIFESTYLE SALON 2017」は、ビジネスに役立つトレンド情報を求める聴講者で3日間会場が溢れていました。

ILT-1704-e
左から:アトリウム特別企画「WANTED!」会場風景/Best Buyer’s Choice 2017 受賞者:三陽製紙株式会社/Young Designer Award受賞者:DAYS. 西尾 健史氏

【『インテリア ライフスタイル』2017年 来場実績】

日付

6/14(水)

6/15(木)

6/16(金)

合計

天気

晴れ

晴れ

晴れ

 

2017年 来場者数*

9,119名

9,394名

8,908名

27,421名

2016年実績

9,334名

10,429名

10,405名

30,168名

今年の『インテリア ライフスタイル』で注目を集めたアトリウム特別企画「WANTED!」は、江口宏志氏の監修のもと、来場者によるバイイング以外でのビジネスニーズを西部劇風のポスターなどで可視化し、多角的にコミュニケーションを促す場を提供しました。カラフルなポスターが空間を飾るなか、アトリウムホールは終日賑わい、今年のハイライト企画として注目を集めていました。

また、アトリウムに限らず、様々なライフスタイルを彩るデザインプロダクトが、会場内の各ゾーンでお披露目されていました。最先端のデザイナーズゾーンである「MOVEMENT」、日本の精巧な技術とモダンなデザインを兼ね備えたアイテムの揃う「JAPAN STYLE」、日常に楽しさをもたらす「ACCENT」、実用的な商材の集まる「HOME」、キッチンに取り揃えたくなるツールや日用品が集結する「KITCHEN LIFE/EVERYDAY」、ギフトにもディスプレイにも優れた食材が出展される「FOODIST」、次世代のデザインが発表される「TALENTS」「NEXT」、ヨーロッパやアジアの企業が会する「GLOBAL」や、世界中に大人気の北欧デザインゾーン「NORDIC LIFESTYLE」など、それぞれのゾーンで魅力溢れる商材が展開されていました。

2017年の「インテリア ライフスタイル アワード」の受賞者が、「Best Buyer's Choice 2017」と「Young Designer Award」の各部門で、6月14日に会場内で発表されました。業界の著名バイヤーにより選定される「Best Buyer's Choice 2017」と、未来のインテリア・デザイン業界を担う若手に授与される「Young Designer Award」は、トレンド発信企画として注目を浴びており、授賞式は多くの来場者で賑わっていました。


【「インテリア ライフスタイル アワード」 2017年 受賞者】
Best Buyer's Choice 2017受賞者:
三陽製紙株式会社(出展ゾーン:アトリウム「WANTED!」)
審査員:
(株)カッシーナ・イクスシー 執行役員 商品本部長 田中新也 氏
受賞理由:
紙製品は多く存在するなかで、アウトドアに注目した着眼点と、デザインの素敵さが決め手。
賞について:
業界の名バイヤーにより選定され、今後のバイイングの指標となる。

Young Designer Award受賞者: DAYS. 西尾 健史氏(出展ゾーン:TALENTS)
審査員:Messe Frankfurt Exhibition GmbH アンビエンテブランド 総責任者 ニコレット・ナウマン
授与者:
メサゴ・メッセフランクフルト(株) 代表取締役社長 梶原 靖志
受賞理由:
小型の家具に対する新鮮なデザイン発想が素晴らしいと思いました。ヤング層が暮らすようなサイズが小さめの部屋にふさわしいと思います。
賞について:
若手デザイナーを支援する特別ゾーン「TALENTS」から選定。受賞者はドイツ・フランクフルトで2017年2月に開催される世界最大級の国際消費財見本市『アンビエンテ』で展開される同「TALENTS」ゾーンに招待される。来場者約14万人に対しアピールするチャンスの場を与えられる。

次回の『インテリア ライフスタイル』は2018年5月30日(水)-6月1日(金)に東京ビッグサイト西ホールにて開催します。2018年は、西ホール1・2・3・4+アトリウムの全館にて開催いたします。姉妹見本市である『IFFT/インテリア ライフスタイル リビング』は、2017年11月20日(月)-22日(水)に東京ビッグサイト西ホールで開催します。


【関連見本市・イベントのご案内】

Ambiente India (アンビエンテ インディア)
会期:2017年6月20日(火)-22日(木)
会場:プラガティ・マイダン(ニュー・デリー)
Web:http://ambiente-india.in.messefrankfurt.com/

Tendence (テンデンス)

会期:2017年6月24日(土)-27日(火)
会場:ドイツ・フランクフルト国際見本市会場
Web:www.tendence.messefrankfurt.com

Interior Lifestyle China (インテリア ライフスタイル チャイナ)

会期:2017年9月14日(木)-16日(日)
会場:中国・上海新国際博覧中心
Web:www.il-china.com

IFFT/インテリア ライフスタイル リビング (IFFT/Interior Lifestyle Living)

会期:2017年11月20日(月)-22日(水)
会場:東京ビッグサイト 西ホール
Web:www.ifft-interiorlifestyleliving.com

Heimtextil (ハイムテキスタイル)
会期:2018年1月9日(火)-12日(金)
会場:ドイツ・フランクフルト国際見本市会場
Web:www.heimtextil.messefrankfurt.com

Ambiente (アンビエンテ)

会期:2018年2月9日(金)-13日(火)
会場:ドイツ・フランクフルト国際見本市会場
Web:www.ambiente.messefrankfurt.com

インテリア ライフスタイル (Interior Lifestyle Tokyo)

会期:2018年5月30日(水)-6月1日(金)
会場:東京ビッグサイト 西ホール
Web:www.interior-lifestyle.com


報道関係者からのお問合せ先
メッセフランクフルト ジャパン株式会社
プレス担当:柏木
Tel. 03-3262-8453  Fax. 03-3262-8442
E-mail. press@japan.messefrankfurt.com
Web. www.jp.messefrankfurt.com/tokyo/ja/

 

メッセフランクフルト社について
メッセフランクフルトは、自社で国際見本市会場を保有する、世界でも有数の見本市主催会社です。売上高は6億4,000万ユーロを上回ります。世界中に30の拠点を持ち、全体で2,400人の従業員が働くメッセフランクフルトは、グループのネットワークを活かして各国間で連携を取りながら、各地で産業を牽引する見本市を開催しています。近年ではデジタル事業も強化しているほか、会場の貸出から、施工、マーケティング、スタッフサービスやケータリングまで、多角的に顧客企業のビジネスをサポートしています。メッセフランクフルトは、ドイツ・フランクフルトに本社を置き、同社株の60%をフランクフルト市、40%をヘッセン州が保有しています。詳細情報はwww.messefrankfurt.com をご覧ください。