スキップする
全てのプレスリリース

『ビューティーワールド ジャパン』 過去最大の出展面積で開催間近!「来場者にとってさらに見やすく!」ホール構成を明確化。圧巻のセミナープログラム!

2018/03/12

メッセフランクフルト ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:梶原靖志)が、2018年5月14日(月)-16日(水)の3日間、東京ビッグサイト東3・4・5・6・7・8ホールにて開催する、日本最大の国際総合ビューティ見本市『ビューティーワールド ジャパン』まで、あと2ヶ月強となりました。

昨年同様6つの展示ホールに約595社が出展、過去最大の出展面積を達成!
本見本市は1998年の初開催以来、エステ・一般化粧品、ネイル、美容機器、ヘア、癒し、ダイエット&ヘルスに関する全ての製品、サービス、情報、技術を国内外から一堂に集め、アジアを代表する日本最大の国際総合ビューティ見本市として年々規模・内容ともに成長を遂げました。2017年は、従来の東3-6の4つのホールに加え、東7・8ホールも使用し、計6ホールと大幅に規模を拡大して開催。過去最高の16カ国・地域から624社(国内:526社・海外:98社)の出展者、41カ国・地域から73,034名の来場者を迎え、大きな飛躍を遂げる大盛況の開催となりました。第21回目を迎える本年も、昨年同様6つの展示ホールを利用して開催となり、3月7日現在、韓国、中国、台湾からのパビリオンをはじめ、ドイツ、アメリカ、ラトビア、イギリス、イタリアなど17カ国・地域からすでに595社(国内:507、海外:88)が出展を予定しており、過去最大の出展面積を記録しています。国際性にあふれる新製品の発表やビジネスの拡大、最新情報の発信の場として『ビューティーワールド ジャパン』に高い期待が寄せられています。

「来場者にとってさらに見やすく!」ホール構成を明確化
東4-6ホール

従来の「コスメティック」、「スパ&ウェルネス」、「ダイエット&ヘルス」、「アイラッシュ」、「ビジネスサポート」、「アカデミック」の出展製品・サービスごとのゾーニングに特化、既存の「リテールビジネスエリア」は新たに「小売・店販」、「ナチュラル&オーガニック」、「ビューティサプリメント」ゾーンとしてリニューアルされ、計9つのゾーンで展開します。
プラチナホール

東7ホールは前回に引き続き「コスメティックゾーン」と「美容機器ゾーン」、中国・台湾・韓国パビリオンで構成される「プラチナホール」とし、広々としたVIPラウンジや商談スペース、毎回熱心な経営者や技術者が集まる「メインステージセミナー」を配備します。製品や技術をしっかりと来場者に伝えることにより、展示即売ではなく商談に結び付けることを主目的としている出展者で構成され、他のホールとは違った高級感あふれる落ち着いた雰囲気の中でじっくりと商談が出来る環境を整えます。また通訳サービスも導入し、海外の出展者や来場者をつなぐ、より活発な商談の場を提供します。
クリエイティブヘア

東8ホールも前回同様、「クリエイティブヘア」として展開。前回より拡大したヘアに関するあらゆる製品・サービス・情報を展示するエリアと、一流の講師陣により多彩なテーマで情報が発信される「ヘアステージ」で構成されます。「ヘアステージ」で開催されるセミナーには、カットやアレンジの技術からサロン集客のヒント、業界の未来など多岐に渡るセミナーやショーがラインナップされます。立ち見が続出した前回に続き、ご期待ください。
東京ネイルフォーラム

東3ホールでは従来通り「東京ネイルフォーラム」が開催されます。検定対策や新メニュー作りに役立つセミナーやネイルトレンドの発表など、「ネイルステージ」から発信される情報は、毎年多くの来場者の関心を集めています。

著名講師陣による圧巻のセミナープログラムにも大きな期待!
ゼミ(有料)

第20回開催の特別企画として昨年大好評を博した有料ゼミを、今年も引き続き専用ルームで、本数を3本から5本に増やして開催します。5月14日(月)は前回も好評だった鈴木功氏(鈴木内科クリニック院長)による「Dr.鈴木ゼミ」、5月14日(月)・15日(火)には新たに宇治原一成氏(ANGELIQUE S.A.R.L.代表取締役)による「宇治原ゼミ」、そして5月15日(火)・16日(水)には「メインステージセミナー」でも圧倒的な人気を誇る森柾秀美氏(Esthetic MORIMASA学院長)によるプレミアム企画「森柾ゼミ」が予定されています。いずれも講師のより間近で、じっくりと技術や情報を学べる貴重な機会ですので、スキルアップを目指す技術者必聴のプログラムです。
メインステージセミナー(東7ホール「プラチナホール」内)

毎回大勢の聴講者が詰めかける「メインステージセミナー」は、「また選ばれるサロンを目指しませんか?」をテーマにエステティックサロン向けのセミナーが集中的にプログラムされ、東7ホール「プラチナホール」内で開催されます。毎回人気の森柾秀美氏(Esthetic MORIMASA学院長)、宇治原一成氏(ANGELIQUE S.A.R.L.代表取締役)、さらには2月の『ビューティーワールド ジャパン 福岡』で初登場した渡辺ゆきよ氏(ユキワタナベビューティープレゼン代表)や今回『ビューティーワールド ジャパン』初登壇の講師4名など、バラエティに飛んだ講師陣、内容でエステティックの技術者やサロンオーナー必聴のラインナップです。3日間で11本のプログラムが準備されています。
ヘアステージ(東8ホール「クリエイティブヘア」内)

理美容師やヘアサロンオーナーを対象にしたセミナーは、「目指せ 最強の美容室!」をテーマに「ヘアステージ」として集約され、東8ホール「クリエイティブヘア」内「ヘアステージ」にて3日間で11本が予定されています。5月14日(月)には『ビューティーワールド ジャパン』初となる女性バーバーによる選手権「The Barberella in Japan presented by BROSH」を、西森友弥氏(MR.BROTHERS CUT CLUB代表)、川上昌博氏(BARBER SHOP APACHE代表)と本見本市の特別コラボレーション企画として開催します。また昨年開催でも立ち見が出るほど人気の高かった新井 唯夫氏(FÉERIE 代表)、2月の『ビューティーワールド ジャパン 福岡』で大好評だった小松敦氏(HEAVENS代表)など、いずれも第一線で活躍する一流講師陣によるラインナップを揃えました。

尚、経営・マネジメント系のセミナー(売上アップ、サロンの成功法、集客法、人材育成)に関しては、ヘア、エステ、ネイルなど、全てのサロン経営に役立つ内容となっていますので、サロンオーナーの皆様の積極的な参加をお待ちしております。

他にも最新製品・サービス動向を紹介する「出展者プレゼンテーション」、「業界団体セミナー」や海外市場向け「ビジネスセミナー」など、多岐にわたるテーマで最新の業界動向や技術、知識が発信される予定です。

エステティック、ヘア、ネイル、美容などの全てをワンストップで見ることができる『ビューティーワールド ジャパン』にご期待ください。

「セミナープログラム詳細」、「セミナー講師画像」、「出展者一覧」、「見本市のロゴ」、「昨年開催分画像」などは、こちらからダウンロードください: http://bit.ly/2FA3VNu

『ビューティーワールド ジャパン』 の最新情報は、見本市公式ウェブサイトにてご確認ください。
www.beautyworldjapan.com

また、姉妹見本市の開催概要も併せてご確認ください。
『ビューティーワールド ジャパン ウエスト』
2018年10月15日(月)-17日(水) インテックス大阪

『ビューティーワールド ジャパン 福岡』
2019年2月4日(月)-5日(火) 福岡国際センター

お問合せ先
メッセフランクフルト ジャパン株式会社
ビューティーワールド ジャパン事務局
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-3-2 曙杉館7F
Tel. 03-3262-8939  Fax. 03-3262-8442
E-mail. info@beautyworldjapan.com
Web. www.beautyworldjapan.com 

報道関係者からのお問合せ先
メッセフランクフルト ジャパン株式会社
プレス担当:柏木/高橋(愛)
Tel. 03-3262-8453  Fax. 03-3262-8442
E-mail. press@japan.messefrankfurt.com
Web. www.jp.messefrankfurt.com

「メッセフランクフルト ジャパン株式会社」への社名変更のお知らせ
メサゴ・メッセフランクフルト株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 梶原靖志)は、2018年1月1日より「メッセフランクフルト ジャパン株式会社」に社名変更いたしました。社名変更により、当社が世界最大級の国際見本市主催会社のグループであることをより明快に表現するとともに、グループ全体で共有するビジョン「Messe Frankfurt : the first choice for business encounters」のもと、今後も各産業の活性化と皆様のビジネスの成功に必要不可欠な手段となる商談とコミュニケーションの場を提供してまいります。

メッセフランクフルトについて
メッセフランクフルトは、自社で国際見本市会場を保有し、年間売上高約6億6,100万ユーロ*を誇る、世界でも有数の見本市主催会社です。世界中に30の拠点を持ち、全体で2,500人*を超える従業員が働くメッセフランクフルトは、グループのネットワークを活かして各国間で連携を取りながら、各地で産業を牽引する見本市を開催しています。見本市運営だけでなく、デジタル事業にも注力しているほか、会場の貸出から、施工、マーケティング、スタッフサービスやケータリングまで、多角的に顧客企業のビジネスをサポートしています。メッセフランクフルトは、ドイツ・フランクフルトに本社を置き、同社株の60%をフランクフルト市、40%をヘッセン州が保有しています。詳細情報は下記の各会場公式ウェブサイトをご覧ください。*2017年暫定数値
【メッセフランクフルト見本市情報】www.messefrankfurt.com 
【カンファレンス会場「コングレスセンター」情報】www.congressfrankfurt.de
【100年の歴史を誇るイベント会場「フェスタホール(Festhalle)」情報】www.festhalle.de