スキップする
全てのプレスリリース

九州エリアの総合ビューティ見本市『ビューティーワールド ジャパン 福岡』開催間近!

2018/12/10

メッセフランクフルト ジャパン株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:梶原靖志)は2019年2月4日(月)-5日(火)の2日間、福岡国際センターにて九州エリアの総合ビューティ見本市『ビューティーワールド ジャパン 福岡』を開催します。『ビューティーワールド ジャパン』(東京・5月)、『ビューティーワールド ジャパン ウエスト』(大阪・10月)の姉妹見本市として2014年に誕生した本見本市は、有数の商圏である福岡県を中心とした九州・中国四国エリアの少人数、小規模・地域密着型経営が多数を占めるサロン市場への新規参入や事業拡大のための貴重なプラットフォームとしてビューティ業界に定着してきました。

来場者に優しい「ゾーニング」、特別出展エリア「NEXT」も継続
年明け早々第6回の開催を迎える本見本市には、3カ国・地域から106社・団体(国内103社・海外3社の出展が見込まれており、12月10日現在、40社もの企業の初出展が予定されています。会場は「コスメティックゾーン」、「美容機器ゾーン」、「ネイル&アイラッシュゾーン」(前回までの「ネイルゾーン」にアイラッシュを加えて今回より再編)にゾーニングされ、また前回初登場にして好評を得た特別出展エリア「NEXT」も継続、新製品・新ブランドを今回は14社の新規出展者が一挙にご紹介します。こうして会場構成を明確にすることにより、出展者と来場者が効果的かつ効率的に出会える場を提供します。また本年開催に引き続き、出展者と来場者双方にゆっくりと商談の時間を提供すべく、初日の開催時間を1時間延長して18:00までとします。

超一流の講師陣がラインナップされた圧巻のセミナープログラム
毎年大勢の聴講者を惹き付けている各種セミナーも、お馴染みのメインステージとセミナールームAの2箇所の会場で、計17本開催します。「また選ばれるエステサロンに!」をテーマにしたエステ関係者対象のセミナーは計8本開催され、圧倒的な人気を誇る森柾秀美氏(Esthetic MORIMASA学院長)らが登壇、また今回初めて著名な栄養コンサルタントのエリカ・アンギャル氏も登場します。「目指せ 最強の美容室!」をテーマにした理美容関係者向けは計5本で、今年の東京開催で「メインステージセミナー」史上最多の聴講者数650名を記録した新井唯夫氏(FÉERIE代表)が、初日にメインステージとセミナールームAの2ステージに登場、そして「目指せ 愛されサロン!」をテーマにネイル関係者向けに開催される計4本のセミナーには、やはり前回開催に引き続き筒井のぞみ氏(ManiCloset代表)らが顔を揃えます。このネイル関係者向けセミナーは、昨年に引き続き「ネイル大学」[1]とのコラボレーション企画を継続して展開します。さらにセミナールームB、プレゼンテーションルームではNPO法人日本エステティック機構によるセミナーが両日1本ずつ、計2本予定されています。(各セミナー詳細は添付資料をご確認ください)

『ビューティーワールド ジャパン 福岡』は出展者の製品やサービスを展示するだけでなく、九州のビューティ業界関係者をつなぐ見本市として、さらに新たなビジネスにつながる人と人との出会いの場を提供します。

「セミナープログラム詳細」、「各種画像素材」は、こちらからダウンロードください。https://bit.ly/2BQuTRM

『ビューティーワールド ジャパン ウエスト』 の最新情報は、以下にてご確認ください。
見本市公式ウェブサイト:www.beautyworldjapan.com
見本市公式フェイスブックページ:https://www.facebook.com/BeautyworldJapan1/

また、姉妹見本市の開催概要も併せてご確認ください。
『ビューティーワールド ジャパン』
2019年5月13日(月)-15日(水) 東京ビッグサイト西1・2・3・4ホール+アトリウム
併催:東京ネイルフォーラム (主催:NPO法人 日本ネイリスト協会)

『ビューティーワールド ジャパン ウエスト』
2019年10月7日(月)-9日(水) インテックス大阪

[1] ネイル業界の躍進を目指してネイルサロン経営が学べる環境を普及し、新たなサロンの在り方、ネイリストの働き方を研究・発信するコミュニティ

報道関係者からのお問合せ先
メッセフランクフルト ジャパン株式会社
プレス担当:柏木/加来
Tel. 03-3262-8453  Fax. 03-3262-8442
E-mail. press@japan.messefrankfurt.com
Web. www.jp.messefrankfurt.com/

メッセフランクフルトについて
メッセフランクフルトは、自社で国際見本市会場を保有し、年間売上高約6億6,900万ユーロを誇る、世界でも有数の見本市主催会社です。世界中に30の拠点を持ち、全体で2,400人を超える従業員が働くメッセフランクフルトは、グループのネットワークを活かして各国間で連携を取りながら、各地で産業を牽引する見本市を開催しています。見本市運営だけでなく、デジタル事業にも注力しているほか、会場の貸出から、施工、マーケティング、スタッフサービスやケータリングまで、多角的に顧客企業のビジネスをサポートしています。メッセフランクフルトは、ドイツ・フランクフルトに本社を置き、同社株の60%をフランクフルト市、40%をヘッセン州が保有しています。詳細情報は下記の各会場公式ウェブサイトをご覧ください。
【メッセフランクフルト見本市情報】www.messefrankfurt.com 
【カンファレンス会場「コングレスセンター」情報】www.congressfrankfurt.de
【100年の歴史を誇るイベント会場「フェスタホール(Festhalle)」情報】www.festhalle.de