優先入場

27.04.2017 終了報告書『SIAF 2017』

過去最高の来場者を記録

中国の工業オートメーションと製造市場の入り口としての役割を強化

影響力ある講演者が、併催セミナーで業界の情報交換を促進

2017年3月1日(水)から3日(金)の3日間、広州にて開催されたオートメーションテクノロジーの国際専門見本市「SPS- Industrial Automation Fair Guangzhou(SIAF)」が、盛況のうちに閉幕しました。世界15カ国・地域から545社(2016年:521社/15カ国・地域)が45,000平方メートル(2016年:40,000平方メートル)におよぶ出展エリアで最新の製品や技術を披露しました。主な出展者は、Adtech、B&R、Balluff、Baumer、Beckhoff、Cognex、Contrinex、Delta、Estun、GSK、Harting、ifm、Kawasaki、P+F、Phoenix Contact、SCHMID、SICK、Turck、YSRなどです。また、広東省が省内のロボティクス関連企業12社を集め、2回目の出展となる「広東ロボティクスパビリオン」を主催したほか、さらに、台湾区電機電子工業同業公会(TEEMA)が8回目となるパビリオンで、台湾の質の高いサプライヤーや最新の開発動向を紹介しました。

SIAFが紹介する最先端のロボティクス、マシンビジョン、センサーや計測機器、コネクティビティシステム、ドライブシステムなどを目的に、前回比12.5%増となる49,401名(2016年:43,907名/40カ国・地域)が40カ国・地域から会場を訪れました。BYD、Colgate、Esquel、FAW-Volkswagen、Foxconn、Gree、Hisense、Huawei、Liby、Midea、Nissan、OPPO、TCL、ZTEなどをはじめととする大手企業の視察団など、218団体が国内外から来場したことも、来場者の増加に寄与しました。同時開催された金型、積層造形技術および関連成型技術の国際見本市「Asiamold(アジアモールド)」と併せた来場者数は64,077名となり、中国南部において、SIAFは、製造ソリューションを得ることのできる、来場すべき一大ビジネスプラットフォームとしての地位を確立しています。

中国の工業オートメーションと製造市場の入り口としての役割を強化

SIAFは中国でのビジネス拡大を図る企業にとって重要な出会いの場を提供します。今年の開催では、多くの大手ブランドがSIAFを、自社の最新の開発の進捗や競争上の優位性を来場者へ発表する機会と捉えていました。

常連の出展企業である、ドイツのPhoenix Contact (China) Holding Co Ltdにとって、本見本市は成長する中国南部の製造市場から利益を得る上で、理想的な機会を提供しています。同社の展示には、最新の工業オートメーション、インターコネクションおよびインターフェイスソリューションの数々が並びました。担当者Fang Xu氏(Market Communication Event Management Specialist、Strategic Sales and Marketing Operations)は、次のように話します。「SIAFは、中国南部において最も重要な工業オートメーション関連見本市です。初回から継続して出展していることが、我々がSIAFに対して信頼と自信を持っていることを証明しています。この見本市は、継続的に専門的なバイヤーを惹きつけており、今年も例外ではありません。我々は、我々の製品に高い関心を抱く、多くのターゲットとなる来場者に出会うことができました。さらに、今年、Asiamoldと同時開催されたことも我々にとっては大変喜ばしいことでした。両見本市の同時開催は、来場者の増加に繋がっただけでなく、多様な製造業界の架け橋となる役割も果たしたと考えます。本見本市は、このインダストリー4.0時代に成功する上で、まさにサプライヤーが求めるプラットフォームです。」

業界大手であるドイツのBeckhoff Automation GmbHの中国法人Beckhoff Automation (Shanghai) Co Ltdは、2017年も本見本市に出展し、会場での顧客開拓という成果を得ています。代表のChen Min Jie氏は、次のようにコメントしています。「本見本市は、2017年最初の見本市であるというだけでなく、世界中の業界専門家を集めるのに有益なプラットフォームでもあります。電子やプラスチック、金属産業の顧客の他、タバコや被服メーカーも我々のブースを訪れてくれました。来場者は、明確な目的を持っており、それは私たちがソリューションを提案する上で大変役に立ちました。さらに、積層造形製造は見過ごすことのできない技術、業界であり、また同技術の導入は製造業界にとって最重要事項であると考えます。Asiamoldとの同時開催は、間違いなく我々のビジネスに効果的でした。」

Bernecker + Rainer Industrial Automation (China) Co Ltdは、ブランド認知の拡大と、コントローラーや視覚化技術、ドライブ技術のプロモーションのため、初めて本見本市に出展しました。マネージャーであるSong Hua Zhen氏は次のように話しました。「中国南部は中国の製造業界において、大変重要な地域であり、当社が見逃すことのできない市場です。見本市がフォーカスする数々のトピックやテーマ、また来場者を惹きつける能力の高さから、SIAFへの出展を決めました。私たちのブースを訪れた来場者は、広範な技術的バックグラウンドを持つだけでなく、彼らが直面している製造における様々な問題を共有してくれました。同時開催イベントも非常に明確で的が絞られていました。類似する見本市を同時に開催することで、ブランドのプロモーションだけでなく、来場者が製造業界全体をより深く理解する助けとなるでしょう。」

同じくDelta Electronics Incもブランドプロモーションと最新の工業オートメーション機器の紹介を目的にSIAFへ初めて出展しました。企業代表者のChen Zhifeng氏は、次のようにコメントしています。「第1四半期に開催されるSIAFは、中国南部でももっとも重要な業界イベントの一つです。私は2017年開催に大変満足しています。というのも、見本市は多くの質の高い来場者を当社のブースに呼び込んでくれたからです。さらに付け加えるならば、ブースへの来場者の多くが、ドライブからモーションセンサーやコントロールデバイスまでの我々の製品に大変高い関心を見せてくれました。これはまさに我々が望んでいたことです。Asiamoldとの共同開催は、両業界を近づけただけでなく、出展者と来場者の双方により潤沢な展示領域を提供しました。」

会場には、様々な要求や需要をもつ多くのバイヤーが世界中から集まりました。Lenovo Information Productes (Shenzhen) Co Ltdのオートメーション上級マネージャー Chen Ji氏もその一人で、本年が3回目の来場となりました。「当社は、製造ラインのアップグレードに取り組んでおり、今回、私は当社のエンジニア20名と会場を訪れました。SIAFは毎年、我々のビジネスへの豊富な技術的見識を与えてくれます。また、当社は製造工程で3Dプリンターも使用するため、Asiamoldとの同時開催は当社の発注需要に対して大変効果的でした。私たちは間違いなく来年も来場するでしょう。」とJi氏は話しました。

ビジネス拡大のための最新の工業オートメーションソリューションを探していたDongfeng Nissan Passenger Vehicle Companyの施設メンテナンス製造部に所属するCheng Geng氏も、見本市で実りある体験をした来場者の一人です。「我々の関心を最も引いた製品はロボティクスとその関連部品メーカーです。労働賃金が上昇する中、われわれは価格効率良く生産ラインをアップグレードする方法を探していました。そして、この見本市で、将来的に一緒に働く可能性の高い多くの企業とつながりを持つことができ、大変嬉しく思っています。SIAFは新技術について学ぶ包括的なプラットフォームを提供してくれます。また、私のようなエンジニアにとって、製造現場での新技術の活用方法を学ぶために、SIAF会場を訪れることは重要です」とGeng氏は話しました。

影響力ある講演者が、併催セミナーで業界の情報交換を促進

本見本市は、ブランドや生産プロセスにおける多様な製品展示だけでなく、同時開催プログラムでも定評を得ています。2017年開催では、工業オートメーション、インダストリー4.0、コネクティビティ、センサー技術などの様々なトピックに関連する100を超えるプレゼンテーションが行われました。同イベントは、影響力のある講演者が幅広い分野における課題や機会を紹介することで、新しいアイデアの創出や聴講者の事業戦略立案を手助けしました。

セミナー登壇者の一人、NORD (China) Power Transmission Co Ltdで技術および製造マネジメントディレクターを務めるJack Cheng氏は次のように話します。「同時開催プログラムは来場者へアジアの製造市場で何か起こっているのかについて学び、情報を交換するとても良い機会を提供します。インダストリー4.0は、製造業者にとって引き続き重要なトレンドであり、それゆえ本見本市が重要な商談プラットフォームであると証明しています。私は、聴講者の数に驚きました。将来、コミュニケーションの多様性をさらに豊かにするような、もっと多くの世界中の業界専門家に会うことを望んでいます。」

SPS – Industrial Automation Fair Guangzhouは、メッセフランクフルト広州、China Foreign Trade Guangzhou Exhibition General Corporation、Guangzhou Overseas Trade Fairs Ltd、メサゴ・メッセフランクフルトが主催しています。また、Guangdong Association of Automation、Guangzhou Association of Automation、Guangzhou Instruments and Control Societyが共催をつとめます。

次回は、2018年3月4日(日)-6日(火)にChina Import and Export Fair Complex(中国・広州)にて開催されます。
見本市の詳細は公式サイトをご参照ください。
公式サイト:www.spsinchina.com

  • off icon facebook

    2 Klicks für mehr Datenschutz:
    Erst wenn Sie hier klicken, wird der Button aktiv und Sie können Ihre Empfehlung an Facebook senden. Schon beim Aktivieren werden Daten an Facebook übertragen.

  • off icon twitter

    2 Klicks für mehr Datenschutz:
    Erst wenn Sie hier klicken, wird der Button aktiv und Sie können Ihre Empfehlung an Twitter senden. Schon beim Aktivieren werden Daten an Twitter übertragen.

  • off icon google plus

    2 Klicks für mehr Datenschutz:
    Erst wenn Sie hier klicken, wird der Button aktiv und Sie können Ihre Empfehlung an Google+ senden. Schon beim Aktivieren werden Daten an Google+ übertragen.