優先入場

17.03.2017 終了報告書『アンビエンテ 2017』

世界最大級の国際消費財見本市アンビエンテ2017が
盛況のうちに閉幕

2017年2月10日(金)-14日(火)までの5日間、ドイツ・フランクフルト国際見本市会場にて開催された世界最大級の国際消費財見本市「アンビエンテ」が、大盛況のうちに閉幕しました。世界で最も注目されるフランクフルト消費財見本市には今年、96カ国・地域から4,454社・団体(2016年:4,386社・団体/95カ国・地域) が出展し、27のホール(総展示面積は308,000㎡)で最新の製品やトレンドが紹介されました。また、前回から約4%増加となる142,000名が154カ国・地域から来場しました(2016年:135,988名/142カ国・地域)。

世界最大級の国際消費財見本市アンビエンテへの来場者は、ドイツ国外からが全体の55%を占め、海外出展者の割合も80%に到達しています。メッセフランクフルト取締役のデトレフ・ブラウンは、「来場者数が約4%増加しましたが、そのうち、ドイツとドイツ国外からの来場者の割合はほぼ半々となっています。アンビエンテでは、世界中のバイヤーがビジネスネットワークを広げ、発注を行っています」と話しました。

来場者数でドイツに次ぐ上位10カ国は、イタリア、中国、フランス、アメリカ、スペイン、イギリス、オランダ、スイス、韓国、トルコでした。今年のアンビエンテ・パートナーカントリーであるイギリスからは3,000名以上が来場しており、昨年と比較して約200名の増加となりました。また、中国、香港、台湾、ベトナム、米国、カナダ、ロシア、アラブ首長国連邦、および南アメリカ(ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチンなど)からの来場者数は、平均を上回る増加を見せました。

これと並行して、ドイツ国内からの来場者も大幅に増加しました。ドイツホーム・アンド・オフィス協会(German Home and Office Association;Bundesverband Wohnen und Büro e.V. – BWB)の会長であるトーマス・グロスコップ(Thomas Grothkopp)氏は、「世界最大級の国際消費財見本市アンビエンテは、ドイツの小売業にとってナンバーワンのイベントです。アンビエンテは、「ダイニング」(キッチン用品・調理器具)、「リビング」(家具・照明・ホームアクセサリー)および「ギビング」(ギフト用品)業界を網羅した専門市場であり、大量の受発注が発生しています」と述べています。購買決定権を持つ経営層の来場も2016年より多く、会場はどこも商談で熱気を帯びていました。 来場者の満足度は高く、95%が「満足した」と回答しています。

日本からは84社が出展し、アンビエンテを世界とビジネスをする場として重要視する企業が増えています。日本の伝統的な技術と最新のデザインが融合したライフスタイルプロダクトが集まる「Japan Style」は今年9回目の開催を迎え、15社が出展しました。Japan Styleは、多くの来場者の注目を集め、リビングセクションのプレミアムホール「Loft」(ホール11.0)での存在感を年々強めています。日本のものづくりに対する海外バイヤーの関心は高く、出展者のビジネスの成果を後押ししています。

Japan Style全体のディレクションも手掛け、自身も同ゾーンに出展して9年目を迎える(有)クロスエッジの代表取締役 渡邊 真典氏は、アンビエンテでのJapan Styleに対し、次のようにコメントしています。「今年で9年目でしたが、『Japan Style』もホール11.0に馴染んできたように思い、進化を感じます。各国のデザイン性の高い商品が集まるホール11.0で、商品はもちろん展示空間についてもメイド・イン・ジャパンの独自性を表現しながら、洗練された展示になってきました。弊社が続けて出展している目的は、個々の取引が小さくても、リピートしていただけるお客様を増やすことです。出展を続けてきたなかで、様々な社会情勢の変化を経験しましたが、昨年ドイツのビジネスパートナーとの出会いがありました。それ以来1年に1度の海外見本市である“点“を、日常の“線”で結ぶことができるようになり、リピートしていただけるお客様が増えてきました。新規のお客様を獲得する場としてはもちろん、既存顧客との商談の場としても、アンビエンテは弊社にとって大切な空間です。」

また、「ダイニング」ホールに出展した(株)木屋 常務取締役 商品部部長 加藤 誠氏が、4回目となる今回の手ごたえについて次のように語っています。「回数を重ねることによって繰り返し来ていただけるお客様が増え、注文をいただけるようになりました。当社は海外ではまだ日本ほど知名度がなく、アンビエンテでは知名度アップを意識した陳列や展示を今回も実施しました。現在各国の小規模小売店やネット販売業者と取引がありますが、今回の出展では、世界各国のディーラー、大手販売店等、販路が広がりました。今後も良いお客様を増やしていきたいと思います。庖丁、刃物は海外で非常に人気があり、海外での売り上げを増やして行くなかで、アンビエンテは重要な展示会です。」

若手デザイナーゾーン「TALENTS」に出展し、さらにアンビエンテが主催するDESIGN PLUS賞を受賞したSTUDIO BYCOLOR 秋山 かおり氏は、「初めての出展でしたが、アンビエンテは“販売”について具体的な話をする商談の場という認識がさらに強まりました。今回、新作の酒器を発表しましたが、欧州におけるマーケティングを行う上ではとても重要な見本市であることを実感しました。現地のディストリビューターの方々とお話することができ、海外での販売を具体的に考えるための良い勉強となりました。今後、海外の美術館や小売店などでのお取扱いを拡げていくための準備をしていきたいと思っています。DESIGN PLUSを受賞したことで、今まで地道に積み重ねてきた努力が実ったと捉え、関係者の方々と喜びを分かち合うことが出来ました。」と、初出展の感想や今後の展望を述べています。

出展者インタビュー
■「ダイニング(キッチン用品・調理器具)」ホール

ハーマン・シュタインハウサー(Hermann Steinhauser)/Rösle株主
「アンビエンテは、当社にとっても最大の国際見本市です。今年の会場の雰囲気は、見本市そのものが魅力だったため、全体的に良好でした。当社は、特定の製品をPRするのではなく、調理、手作り、そして健康的な食生活をコンセプトの中心に据えました。」

ホルガ―・ライテル(Holger Raithel)/Kahla社長
「アンビエンテは、現在も将来もKahlaにとって最も重要な消費財見本市です。」

■「リビング(家具・照明・ホームアクセサリー)」ホール
ピーター・ショーンホーフェン(Peter Schönhofen)/Kare Design社CEO

「今回、フランチャイズ展開において有望な新規見込み客と会うことができました。また、かなりの注文がありました。」

ジム・ドイエン(Jim Doyen):Henry Dean社CEO
「非常に良かったです。非常に満足しています!来場者の質も高かった事が一番良かったです。アンビエンテは、特にドイツ語圏の国々の来場が多く、当社にとって非常に素晴らしいイベントです。会場も来場者の雰囲気も良いものでした。」

ハンネ・ホスボンド(Hanne Hosbond)/Georg Jensen Damask社キー・アカウント・マネージャー
「出展したことにより得られたビジネス成果に、非常に満足しています。多くの小規模な小売店に加え、大規模な百貨店からも引き合いがありました。来場者も、米国、ロシア、アジアなど、世界中から来ていました。ホール11の雰囲気も非常に良かったです。」

■「ギビング(雑貨・玩具・ギフト用品)」ホール
ルドガー・ボル(Liudger Böll)/Troika社 取締役

「開かれたアンビエンテは、グローバルビジネスにとって最高の場である、ということに尽きます。今年も、百貨店のバイヤーなど、ドイツの顧客に加え世界中の顧客が来場しました。」

パートナーカントリー「イギリス」から、「オランダ」へバトンタッチ
今年のパートナーカントリーのプレゼンテーションである「プロビデンス&プロバンス(Providence & Provance)」は、イギリス人デザイナーのジャニス・カークパトリック(Janice Kirkpatrick)の監修の下、産業革命の伝統をふまえた内容で展開されました。また、「パートナーカントリー・デー」には、イギリスに関連した様々なイベントが開催されました。13日(木)は、エリザベス・ハーレー(Elizabeth Hurley)が訪問し、注目を集めました。複数の展示ホールを回るツアーでは、人気のテレビドラマ「The Royals」の出演者がイギリスとドイツの最新のキッチンウェアとテーブルウェアを中心に見ながら会場を周りました。

来年のアンビエンテは、オランダのデザインにスポットライトを当て、2018年2月9日(金)-13日(火)に開催されます。トレンド・レポートは、www.ambiente.messefrankfurt.com/trendsに掲載されます。

また、アンビエンテの関連見本市「インテリア ライフスタイル」と「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」は2017年、以下の日程で東京ビッグサイトにて開催されます。

<日本国内関連見本市>

インテリア ライフスタイル
2017年6月14日(水)-16日(金)
公式ウェブサイト:http://interiorlifestyle-tokyo.jp.messefrankfurt.com

IFFT/インテリア ライフスタイル リビング
2017年11月20日(月)-22日(水)
公式ウェブサイト:http://ifft-interiorlifestyle-living.jp.messefrankfurt.com

  • off icon facebook

    2 Klicks für mehr Datenschutz:
    Erst wenn Sie hier klicken, wird der Button aktiv und Sie können Ihre Empfehlung an Facebook senden. Schon beim Aktivieren werden Daten an Facebook übertragen.

  • off icon twitter

    2 Klicks für mehr Datenschutz:
    Erst wenn Sie hier klicken, wird der Button aktiv und Sie können Ihre Empfehlung an Twitter senden. Schon beim Aktivieren werden Daten an Twitter übertragen.

  • off icon google plus

    2 Klicks für mehr Datenschutz:
    Erst wenn Sie hier klicken, wird der Button aktiv und Sie können Ihre Empfehlung an Google+ senden. Schon beim Aktivieren werden Daten an Google+ übertragen.